声の出し方を変えるだけで、コミュニケーション力がグンと上がる場合があります。よく聞き返されるとか、誤解されやすい方にお勧めのコースです。

声が変わると何が変わる?

話し方教室のボイストレーニング

声が変わると何が変わるのでしょうか?

自分の声にコンプレックスを抱いている人は少なくありません。

何故だか、伝えたいことと違うことが相手に伝わってしまう。

同じ話をしても自分が話すと周りは愛想笑い、別の人が話すと大ウケ。

丁寧に正確に内容を伝えているはずなのに、なぜか誤解される。

「もう一回言って」「聞こえなかった」とよく言われてしまう。

何もないのに「怒ってる?」「何か言いたいことがあるの?」と聞かれる。

就職などで筆記で受かっても面接で落ちてしまう。

話したいのに、つい聞き役に回ってしまう。

電話が嫌い...。

声に悩みを抱えて、声で損をしてしまっていませんか?

日本話し方センターでは「声」のための特別講師を招いて「ボイストレーニング&朗読コース」を開いています。

「声」から伝わる情報は約4割!

話をする時、声から伝わる聴覚情報は約4割を占めています。声のトーン、ボリューム、間などをコントロールすることで、同じ内容でも相手への伝わり方を格段に向上させることができるのです。

人が話をするときに、その情報の約4割は声のトーンやボリューム、間や高低の調子などから受け取っていると言われています(メラビアンの法則)。

同じ内容を伝えるとしても、「ボソボソした暗い声」よりも、当然「その内容を伝えるための明るい声」のほうが、より説得力を与えることができ、相手の心をつかむことができるのです。

「声」が変わることの効果

話し方教室で声を磨こう

アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンは人と人がコミュニケーションを取る時に、相手への好意や反感などの感情や話の内容がどのように伝わるかの研究を行いました。

数々の実験の結果、人の行動が相手に及ぼす影響について、話の内容つまり「言語情報」から受け取っているのはたったの7%だったと発表しました。

もっとも多いのがしぐさや表情などの「視覚情報」で55%あり、口調や音、話のスピードなど耳から入ってくる音「聴覚情報」は38%の割合を占めていたということです。

「素晴らしいですね!」と言葉で褒めても、表情が曇っていたり、声が沈んでいれば到底その言葉は信用できません。

声に劣等感を抱いている人は、たいてい「自信がなさそう」「暗い人だと思った」「話しにくそう」「何を考えているかわからない」という不名誉な第一印象を持たれがちです。

相手の心に寄り添える声を手に入れることで、初対面から人間関係を円滑にすることができるようになります。

友人や恋人、妻や夫、子供との会話も明るく楽しいものに変わります。

説得力のある声に生まれ変わり、仕事への自信や熱意も伝わり、プレゼンや商談も有利に運ぶようになります。

「伝わる声」で日常が変わる!

伝わりにくい声で損をしていませんか? せっかく良いことを話しても、伝わりにくい声では、内容はもちろん、気持ちを十分に伝えることができません。

声がこもる、声がかすれる、声が小さい、声が震えるなど、また乱暴な声の出し方をしていませんか?

「伝わる声」を習得することができれば、内容のみならず、熱意や情熱といった「思い」までをも伝えることができます。

通る声、ハキハキした声、明るい声、聞き取りやすい声、感情のこもった声、相手を感動させることのできる声を手に入れましょう

「ありがとう」「ごめんね」「お疲れ様」「大丈夫?」「またね」「よろしくね」短い言葉でも「伝わる声」があります。

「伝わる声」を持つことで、あなたの思いやりの心が相手に伝わり、コミュニケーションが取りやすくなります。

仕事の熱意が伝わり、プレゼンや商談が有利に運びます。

「声」の持つ情報は非常に大きいもの。周りから見たあなたの印象も第一印象からガラリと変わります。

受講者の声

「音調=心の状態が表れた声の調子」を学んでから、職場のみならず、家庭内でのコミュニケーションも改善し、雰囲気が明るくなったように思います、という声を受講者の方からいただいています。
会話が明るく楽しいものになりました

音調とは「心の状態が表れた声の調子」と学んでから人間関係が変わりました。以前のこと、夕食後家内に「皿洗い、俺がやるよ」「私がやるからいい」。「明日のお米炊こうか?」「いいってば」。心の中の「やってあげるんだから感謝しろ」という気持ちが音調となって表れていたのだと思います。

これからも劣等感を捨て、人と比べないで、今までの自分よりも、今の自分がどれだけ成長しているか…確認しながら、教室で学んだことを積極的に実践していきます。相手に伝わる音調にこれまであまりに無神経だったことに気付き、今は「皿洗い、俺がやるよ」「いいの?助かるわ」と、家内との会話が、明るく楽しいものになりました。

仕事がこんなに充実するとは!!
これまで「内容はいいんだけどね・・・」という評価しか得られなかったプレゼンが劇的に変わりました、という驚きの声を受講者の方からいただいています。

「内容はいいんだけどね…」そう言われることの多かった私のプレゼンが、このトレーニングを受けて変わりました!

提案内容をしっかり理解してもらえるようになり、いいね!それやろう!と言われるようになりました。前向きな提案は前向きな声で。仕事がこんなに充実するとは!我ながら驚きです。

講師プロフィール

特別講師:黒田育美

特別講師である黒田育美先生は、NHKから独立後、報道の第一線で活躍されてきました。「伝わる声」のスペシャリストとして、多くの講演をこなす一方、群読プロジェクトも主宰されています。

元NHKキャスター。独立後はテレビ朝日等でも報道現場を踏む。

各種企業や教育施設にて『伝える力のある声と話し方』『アナウンサーに学ぶ!創業のためのプレゼンテーション』など講演多数。

群読プロジェクト 『ことばで奏でる音楽会』主宰。 老若男女で群読することの醍醐味を 広める活動に力を入れている。

Voice Training&朗読コースで学ぶ
「伝わる声」

Voice Training & 朗読コースでは、姿勢や呼吸などの発声の基礎から、「間」の効果などテクニカルなところまで、聞き手に伝わるにはどうすればよいかという方法論を学び、実践していただきます。

声の出し方を学ぶ

話し方教室で声を改善しよう!

明るく前向きに伝える声を出すための姿勢や呼吸、発声の基礎はもちろん、音量とテンポなど句読点(間)の効果を学んだ上で、相手に効果的に伝えることのできる声の出し方を学びます。

ボイストレーニングと言うと、歌手やアナウンサー、俳優など、声を仕事に使う専門職の人がやるものだと思われがちですが、会社員でも事務職でも人と交流している時点で、皆さん声を仕事に使っていると言えますし、主婦や学生さんも、声で周りの人に持たれている印象というものがどうしてもあるものです。

声の出し方を知る、実際にやってみることで、好感度はかなり高くなります。ご近所付き合いも声の印象でかなりよくなり、改善することもあります。声を鍛えることは、誰にとっても必ず有益なことです。

昭和28年創業

日本初の話し方教室
で学ぶ、発声の基礎

ボイストレーニングは歌手や役者、アナウンサーなど特定の職業の人だけが受けるものではありません。一般の人もコミュニケーション力向上にボイストレーニングを役立てていただきたいと考えています。

あなたは「伝えたいこと」をきちんと伝えることができていますか?

1953年、話し方の第一人者である江川ひろしにより創業された「日本話し方センター」は、30万人以上の人々に支持され続けてきました。

VoiceTraining&朗読コースでは、プロが伝授する「基礎からの発声練習」・「滑舌・発音の特訓」により、『伝える力のある声』を身につけていただきます。

ボイストレーニングは特殊な職業の人だけが受けるものではなく、人と会話をする誰もに、プラスの効果をもたらします。

Voice Training&朗読コース概要

費用 36,000 円 + 税

期間

3ヶ月

定員

12

スケジュール

隔週土曜日 10:00〜12:00 全6回
次回開催日程は事務局へお問い合わせください。都合により、内容・会場等変更になる場合があります。

会場

〒101- 0051
東京都千代田区神田神保町1-105
神保町三井ビルディング16F
TEL 03-3518-6362

ボイストレーニングコースの概要

話し方教室 : ボイストレーニングコースの概要

ボイストレーニングと朗読を学ぶコースの費用は3ヶ月間で3万6千円+税です。

隔週土曜の10時から12時の2時間のセミナーが全6回あります。

具体的な開催日程は下記申し込みフォームのページで告知されます。未定となっている場合は、事務局に直接お問い合わせください。

Voice Training & 朗読コースは、隔週土曜日、全6回で構成されています。お仕事の合間に、学業の合間に、「伝える力」のある声を身に付けて、コミュニケーション力を向上させてみませんか。

会話の前に心あり

話し方教室 : 会話の前に心あり

声の出し方は、体の使い方だけが大切なわけではありません。

会話の前に心あり。心の状態は必ず声に現れます。

明るい気持ちなのに暗く聞こえてしまう声のクセを直したら、次は明るい気持ちを相手に伝えられる声を目指します。

相手に何を伝えたいのか、相手にどんな気持ちになってもらいたいのか、きちんと踏まえて声を出す、あなたの心を声に乗せることを学びます。

ほかのセミナーはこちら

  • ベーシックコースは、セミナーに通いながら、その日に学んだことを即実践していくことができます。3ヶ月かけて12回繰り返せば、無理のないペースで自然に話し方を身に付けることができます。

    ベーシックコースについて

    話し方教室 : ことばの前に心あり ことばのあとに行動あり

    ことばの前に心あり ことばのあとに行動あり。日本話し方センターが大切にしている理念です。メラビアンの法則からすればしぐさや表情、声や音というような話の内容以外から受信する情報が9割以上となっています。ではそのしぐさや表情や、声や音調はどこから発されているのでしょうか?それはあなたの心から発信されています。心のあり方は相手に伝わります。この基本的なコミュニケーションの根幹を身に付けるのが日本話し方センターのベーシックコースです。人と話すときの話し方を変えるだけで毎日が変わります。夢を叶えたい、仕事で成功したい、成長したい、自分を変えたい、コミュニケーション上手になりたい、好感度を上げたい、人に好かれたい、あがり症を克服したい・・・すべての悩みはあなた自身の「3ヶ月間」の過ごし方で変わります。

  • 遠方でベーシックコースに参加できない人向けに、2日間集中コースも用意させていただいています。2日間だけではありますが、練りに練られたカリキュラムになっておりますので、短期間で身に付けたい人にうってつけのコースとなっております。

    2日間集中コースについて

    話し方教室を無料で体験

    仕事に行きたくない、会社を辞めたい、会社に嫌いな人がいる、苦手な人がいる、話が通じない、職場の空気が暗い、人間関係が悪い・・・働いている場所さえ変えればその悩みから解放されると思っていませんか?朝、大きな声で元気よく挨拶をするだけで仕事の悩みが解決に向かうこともあります。それはなぜでしょうか?どんな職場でも人間関係の悩みは尽きません。人と人が同じ場所にいる限り摩擦は起こるもの・・・本当にそうでしょうか?人の心のあり方から学ぶビジネスコミュニケーションスキルを身につければ、どこへ行っても明るく健康的で円滑な職場に変えることができます。