研修の冒頭、先生から「林さん、話す姿勢が良くないですね。」と言われました。

私は、ちょっとびっくりしました。
この研修は話し方を習うところだと思っていたので、姿勢を指摘されるとは思ってもいなかったからです。

社長と言う立場上、誰かに注意されるという事は少なくなっていてます。
そのこともあって、その言葉に、はっと、気づきました。
これからは、人前に立つときは、姿勢を正しくして話します。

スピーチをした際、聞いていただいた方から、「よく通る声ですね。」といつも言われるので、少し有頂天になっていました。
しかしこの研修を受けて、自分の話が一本調子で聞き手に響かないな、ということに気づきました。

今後スピーチするときには、抑揚をつけたり、間を取ったり、語尾をはっきり発音したりします。