「今回は私が正しいので、この通りにしてください。」と以前の会社で、お客様に対して声を荒らげてしまったことがありました。
そのことをずっと心の中で引きずっていました。

だから、このセミナーで、「言葉に消しゴムは効かない」という話を聞いて、私は衝撃を受けました。
何気ない親の一言で子供が自殺してしまったり、社長の一言で部下が社長を逆上して殺してしまう。
私は言葉は怖いと感じました。

その一方で、相手に自分の気持ちを正しく伝えることで、相手の自信を引き出したり、やる気を出したりと、大きな武器になるのも言葉だ、ということにも気づきました。
今後は今回の学びを活かして、自然に相手をほめられるようになり、社内のモチベーションアップに貢献していきます。