受講者の声

タグ : あがり症

今まで私は会議などで、あがってしまい、早口になりがちでした。 その結果伝えたいことが飛んでしまうということが度々ありました。 しかし、この研修で、あがることは誰にでもある、あがるのは本能だ、ということを学びました。 また …

私はこのセミナーに参加するまでは、かなりのあがり症でした。 会議での報告の際でも、上司の人々を目の前にすると、心臓がドキドキ、バクバクし、声が震えていました。 言葉もしどろもどろにしか出てきません。 何とかあがり症を克服 …

私は、人前で話すのが大変苦手です。 話をしている最中にしどろもどろになります。 そして大汗をかいて、最後には自己嫌悪に陥ります。 今回の研修に参加して、あがらない話し方を学ぶことができました。 スピーチで大切なことは、準 …

私は人前で話をすることが、本当に嫌いでした。 人前で話をすると頭の中が真っ白になりました。 そして、その場から一刻も早く立ち去りたいと言う気持ちになりました。 しかし、仕事で話すこともありますので、このままではまずいと思 …

私は建設業の管理職をしています。 人前で話す機会は多くありませんが、苦手意識がありました。 現場で、安全について話す機会があっても、あーえーと言う言葉が多く、要点もまとまっていないことがありました。 うまく話せなかった場 …

「山本くん。今度営業活動事例の発表してもらえない?」 「絶対無理です、他の人にしてください。私にはできません。」 私は人前で話すことが苦手です。結婚披露宴のスピーチなど、 ことごとく断ってきました。 しかし、転職し所属が …

私は子供のころから話すことが得意ではありませんでした。 特に発表の場面になると、聞き手の沈黙が苦痛になり、 言葉がしどろもどろになることが多々ありました。 「場慣れすれば緊張しなくなるよ」といった声も聞きましたが、 実際 …

以前の私は、緊張のあまり顔は紅潮し、声は上ずり、 心臓が口から飛び出しそうな状態で、人前に立っていました。 頭の中では“どうせ私の話なんか面白くないんだ。ほらほら、また、 つまらん話をしているよって怖い顔をしてこっちを見 …

話し方教室に参加する前の私は、人の前に立つと周りがまったく見えませんで した。 昨年新入社員として自己紹介した時のことを、先輩方に聞いてみました。 「緊張しているみたいだったから。助けてやろうと声をかけたのに、ぜんぜん …

初めて教室に行ったとき、先生が言っていました。 「ここで恥をかけばいいんですよ。汗をかいて恥をかいてたくさん練習すれば いいんです」 『そうか・・・うまく話せなくてもいいのか。ここで練習すればいいのか』 少し気が楽になり …

1 2 »

各話し方セミナーコースのご案内

  • ベーシックコース
  • 二日間集中コース
  • 会話力養成コース
  • ボイストレーニング