私の職場では、毎日交代でスピーチを行う文化があり、必ず週1回は
自分の番が回ってきます。
“あぁ、また朝礼か…何を話したらいい分からないし、
仕方がないから今日も適当にやり過ごすか…”
「おはようございます、先週は訪問件数5件、
今週は8件目指して頑張ります。本日もよろしくお願いします」

3ヵ月前までは、適当にその場をやり過ごすだけの、周囲にとっても、
私にとっても全く意味のない朝礼でした。
みんなつまらなそうだな…なんでこんな話しかできないんだ…と、
いつも後味の悪さだけが残る日々でした。

そんな時に出会えたのがこの教室でした。

講義の中で「何を話せばいいか分からないということは、
普段の生活の中での観察力がないからだ」ということを学んだ時、
ガツーーーンと衝撃が走りました。
人前で上手に話が出来ない私に欠けていたのは、まさにこの部分だったんだ。

それからというもの、人の話を聞いて心に残ったこと、
新聞・ニュース・雑誌を見て感じたことや、
好きなドキュメンタリー番組を見て感じたことなど、
気に留まったことは、すぐにiPhoneのメモ帳に入力し、
自分なりの観点で必ず意見も入れることを始めました。

つい先日の朝礼では、このような話題でスピーチをしました。

「さて、いきなりですが、質問です。この信号機の配色は上と下
どちらの方が正しいでしょうか?佐藤さんどうですか?左が赤?
良い答えですね。ありがとうございます。
実は左が青が正解なんですね~。
このように、普段なにげなく生活していると気づかないことが
身の回りにたくさんあるのではないでしょうか。
普段から鋭い観察力を持って物事をみることで、
今まで見えなかった答えが見えてくるかもしれません。
今日からは横断歩道を渡った時には、この話をふと思い出していただき、
日々の業務の参考にしてみてください。
本日もよろしくお願いいたします」

「自分の言いたいこと」が出来上がると、人に話したくなります。
これが出来ているのと、出来ていないのとでは、
自分のスピーチに向かう意識は大きく変わるのだなと、
改めて気が付くことができました。

これからも、もっともっとスピーチが楽しみになれるよう、
普段から話の材料を集める努力を続けていきます。