話し方との出会いは2003年6月のことです。
この年私は、13年間勤務した会社を辞め、転職活動をしていました。
しかし現実は甘くなく、なかなか希望する仕事には就けませんでした。
私生活でも何の名刺も持ってない自分に近づこうとする人はいませんでした。
このままでは自分がダメになってしまうと、以前から受講してみたいと思っていた「江川ひろしの話し方教室」の門を叩きました。
「話し方教室」で学んだことはたくさんありますが、特に「常に感謝の気持ちを持つ」という教えは印象的で、いつも実践していこうと心がけました。

今の会社の面接で「あなたのモットーは」と聞かれ、自然と「常に感謝の気持ちを持つことです」と答えることができました。
これは話し方教室で学んだお陰です。

私が「話し方教室」でT先生に担当していただいたことも幸運でした。T先生は常に
「ことばの前に心あり、ことばの後に行動あり」ということを幾度となく話されました。
しかし、このことばは、いざ、実践するとなるととても難しいことでした。
先生は様々な人物を例に挙げ、その人たちが実践してきたことを通して、ことばの持つ重要性の意味をわかりやすく説明してくださいました。
その中でも私を魅了した人物は中村天風さんの「心をプラス積極思考」させるという生き方でした。

この話し方教室で学んで私自身が変わったことは
1、常に感謝の気持ちを持てるようになったこと
2、嫌なこと(仕事)にも前向きに取り組めるようになったこと
3、ストレスを溜めないようになったこと
4、笑顔で人と接するようになったこと
5、身も心も若返ったこと

他にもチャレンジしたいことはたくさんありますが、とにかくこの5つの内容についてこれからも維持できるよう常に心かげています。