私はコンサルタントです。
これまで5月のセミナーに向けて、話す内容や話の構成を吟味してきました。
しかし、このセミナーで、話の内容は、スピーチの印象の1割にも満たないということを知りました。
印象で大切なのは、話す態度や表情なのです。

昨日、セミナーの冒頭に自己紹介をしたところ、先生から「ロボットみたいな話し方ですね~。」と言われました。
その言葉にかなりショックを受けました。
家に帰って自分の姿を改めてスマートフォンで撮って再生してみました。
そこには確かにロボットが映っていました。

ロボットから卒業して、人間になりたい! と猛烈に思っています。
そのためには聞き手の感情に寄り添う、感情豊かに話す、ということが絶対に必要です。これができれば、5月のセミナーに来ていただいた方に、「この人なら、自分のことをわかってくれるんじゃないかな」と思っていただける、そうすれば相談をしていただけるのでは、と思いました。
私はこれからも、「心」を大切に話しをしていきたいと思っています。