初対面の方と話をして、会話が続かないと思ったことはありませんか?
新人歓迎会のことです。
“初対面の人と話すのは苦手だなぁ、どうやって会話を続けよう…”と
思いながらも声をかけてみました。
「山田さん、趣味はなんですか?」
「休日のゴルフの打ちっぱなしです」
“ゴルフか…自分はやらないし…次の質問して会話を続けなきゃ…”
「お酒は強いほうですか?」
「そんなに強くないですよ」
これ以上、会話は続けられない…困りました。

立て続けに歓送迎会が8回もありましたが、そのたびに
いつもこんな調子でした。

そんな時、話し方教室に通い、
「相手のことに関心を持とう」ということを学びました。
そういえば、自分は相手に対する興味が薄く、会話を続けることだけを
考えていたな。
相手に興味を持たないのに会話が続くわけがないと気づきました。

先月、福島から転勤になった佐藤さんの歓迎会の日のことです。
これから一緒に働く仲間だし、この機会に仲良くなろうと思い
「はじめまして、和田といいます。今後ともよろしくお願いします」
「佐藤です。よろしくお願いします」
「佐藤さんは福島ですよね。出身も福島ですか?」
「出身は秋田です」
「秋田ですか。秋田はきりたんぽが有名ですね。自分は埼玉の越谷です。
『草加せんべい』ってマイナーな名物しかないんですよ」
「でも、秋田はあんまり観光で来る人少ないですよ」
「自分はちょうど、今年の年末年始に青森、秋田あたりに行ってみよう
と思ってるんですけど、いい店があったら教えてくださいね」
「はい、その時はぜひ」
相手に興味を持って話すことで、自然と会話がつながり、
楽しい時間を過ごすことができました。

上手に会話をするには、ネタを増やしたり、論理立てて話すことは大切です。
しかし、会話をする相手に興味を持ち、相手のことを知りたい、
自分のことを知ってほしいと思う心が一番大切だと感じました。

これからも、相手に興味をもって話をしていくことで、知人、友人を
増やしていきます。