「君は腕はいいのに、患者さんへの説明が下手だねー」
院長からの一言です。
患者さんへ治療について話をするとき、早口になったり、つまったり小声になってしまうほど、あがってしまうのです。
当然、信頼をなくしたり担当を変えられることもありました。
そんな悩みの中、話し方センターを知り、早速受講を決意しました。

教室では様々なことを学びましたが、中でも準備の大切さを痛感しました。
しっかりと準備をしている方はやはりスピーチが上手で、同じ悩みを持つ同士として大変勉強になりました。
そして学んだ準備の大切さを職場で実践してみました。
患者さんと治療についてお話をする前に、会話を想定してイメージし、説明をする訓練を何回も何回も繰り返しておくのです。
イメージ以外の話では最初はあまりうまくいきませんでしたが、繰り返しているうちに、臨機応変な対応ができるようになりました。
すると、患者さんとの会話がスムーズになり、会話のキャッチボールがうまくいくようになったのです。
また、治療以外の雑談も増えて、会話の中で笑い合えるシーンも出てきました。

これからも教室で学んだことを胸に、患者さんと素晴らしい信頼関係を築けるよう頑張ってまいります。