私の職場では、毎朝、朝礼があります。社員が順番で3分間程度の
スピーチをします。1か月に1回くらい話をしなければいけません。

自分の番が回ってくる少し前から
「ああ…何を話そうかな…?」
と悩み、話すことをメモに書いていても、当日、いざ、本番になると、
あがってしまい、
「おはようございます。荒木裕子です…あの…」
準備してきたことを、断片的に、つっかえつっかえつなげるだけで、
しどろもどろ話すありさまでした。ですから、話そうとしたことが、
ほとんど伝えられないばかりか、うまく話せないことで、いつも恥ず
かしい思いをしていました。
同僚の中には、堂々と人を引き込む話をする人が何人もいます。
そんな人を心底うらやましいと思っていました。

話すことが苦手というコンプレックスを克服しよう!!
と教室に参加しました。
教室で「何よりも、準備が大切、十分準備をすれば話したくなり、
成功につながる」ということを学びました。
落語家など話し方のプロでも、同じ話を100回練習すると聞きました。

「そうか、始めから上手に話せる人はいないんだ。とにかく練習しよう」
次のスピーチの番には、3日前には話す内容を決め、前の晩には、
30回繰り返し練習してみました。
「あえいうえおあお…」と発声練習も続けました。

当日は以前より落ち着いて、とにかく最後まで、自分のペースで話を
することができました。さらに次の当番の時には、笑顔を加え、
聞いている人に語りかけるように話をすことができました。
同僚も「うん、うん」と相槌を打って聞いてくれる人もいました。
「努力は報われる」と感じた瞬間でした。

「天才は1パーセントの才能と99%の発汗でつくられる」
といわれます。
これからも、練習を重ね、少しでも上達できるように、
話すことが好きになるようにしていきます。