私の職場は研究を主な業務とするところで、人前で話をするときはできる限り情緒的な言葉を排除します。
このような習慣に倣い、話をするときは事務連絡をするような話し方ばかりしてきた気がします。

話し方教室に参加して、2ヵ月後のことです。
いつものグループ内会議のとき、教室で学んだことを活かし、レジュメとは別に絵を用意して説明してみました。
報告後、同僚から「いまの説明、非常に分かりやすかった!絵があったからイメージがとてもしやすかったよ」
比喩を入れたり、会話をはさんだり、さらには道具を用いたりして“言葉を絵で描く”と
頭の中でイメージがしやすく、がぜん興味を持って聞いてくれることが分かりました。

この教室で学んで得た、目からうろこが落ちる思いをした技法“言葉で絵を描く”を用いたのです。

これからも人に興味を持ってもらえる話し方をするよう努力していきたいと考えています。