私は、職場に苦手な後輩がいます。
以前、その人に仕事のことで質問されました。
ところが分からなかったのでつい
「インターネットに載っているかもよ?」
と答えてしまいました。後輩はムッとした顔をしていました。
それ以来仕事の質問は一切されなくなってしまったのです。
私もその人には、仕事の依頼をしなくなりました。

しかし、お昼休みなどに
「大田さん、猫カフェって知っていますか?」
などと、仕事に関係ないことは話かけてきます。
私は知っていても、話したくないので
「聞いたことないですね…」と自分で壁を作っていました。

そんな時、教室で「人間関係を壊すのは無視することだ」と習いました。
コミュニケーション能力が低いのに、さらに低くなるのではないか、
という危機感を感じました。

それからは、後輩との休み時間を、楽しい時間になるように心がけました。
「大田さん、どんな野菜を買いますか?」
「人参と玉ねぎはいつも在庫があるけど、今の時期ならキュウリが多いかな」
「えっ、キュウリですか?キュウリは野菜の中で一番栄養がないんですよ」
「キュウリは栄養はないけどダイエットにいいんだよ。
食べ過ぎ防止になるし、利尿作用があってむくみを取ってくれるんだから」
「へーえ、キュウリにもいいところがあるんんですね」
頑張って、心の壁を取り除くと、なんとか会話が続くようになりました。

それからしばらくして、久しぶりに仕事の質問をしてきました。
「すみません。これってどうやるんですか?」
教えてあげると素直に「ありがとうございます」と言ってくれました。

苦手意識があると、コミュニケーションをとることを避けてしまいます。
意識して会話を続けていくうちに、相手とのちょうど良い距離感も
分かってきます。
すると苦手意識も自然と消えていました。

これからは、良い人間関係が築けるように、日常生活が練習の場だと思って、
コミュニケーション能力を高める努力をしていきます。