教室の初めの講義で先生が、
「挨拶をして良い人間関係をつくることを、ここで学んでください」と。
次の日から実践してみることにしました。

私の勤めるフロワーは様々な部署に人がいます。
業務に関わることがない限り話すことはありませんでした。
翌日からすれ違う人に「おはようございます」の挨拶から始め、
「今度、歓送迎会の幹事を任されちゃったんです。いいお店知りませんか」
「それなら駅前にいいお店あるから後で場所教えてあげるよ!!」
と業務外のことも話すようになりました。

ある日、取締役から
「加藤さん、今度東南アジアの環境規制について講演してもらうことを
決めたからよろしく頼むよ」
と依頼され、講師をすることになりました。
講演内容は、私が経験の無い内容であり、とりあえず片っ端から
資料を集めてみたものの、情報が少なく信憑性の薄いものでした。

いつものように、給湯室でお弁当箱を洗っていると
「ゆきなちゃん、今度講演会の講師やるんだって?
それならこの間までインドネシアにいた、齋藤さんに声をかけてみたら?」
「ほんとうですか?ありがとうございます」
「齋藤さん、私今度“東南アジアの環境規制”を題材に講演することに
なったのですが、本には載っていないような現地の情報はありませんか?」
「それなら、環境規制は法律でたくさん定められているけれど、
現地の人は守っていないことがあるっていうことかな」
それをきっかけにいろいろな人から、自分が探した資料には載っていない
ような情報をもらえるようになりました。

そうして、内容が充実した発表スライドが完成しました。
講演会当日は50名近くの参加者が集まりました。
緊張はしたものの、これまでの準備や、助けてもらいながらも完成させた
ことが自信となり、発表にしっかり臨めました。

反省点はいろいろありますが、自分が探した資料を見ただけでは
できない発表が出来たと思いました。なぜならば、
日ごろから「挨拶」を通して交わしていた「会話」で得られた生の情報が
たくさん入っていたからです。

私はこれからも「挨拶」をして、人間関係の輪を広げていきます。