「高塚さんて冷静だよね」
「何かあっても動じないよね」
これが私の会社での評価です。

私は仕事中、周りの人が雑談していても、正直面倒くさいなあ・・・と思って
あまりその会話には入らず、仕事をしていました。

教室で「日常会話には、人と親しみを深め、より良い人間関係をつくるという
目的がある」ことを学びました。
それからは、なるべく周りの人の声に耳を傾けるようにしました。

「あぁ、しまった!」
向いの席の山田さんが独り言のようにつぶやいていました。
今までの私でしたら無視していましたが、変わりたいと思っている私は話しか
けました。
「どうしたんですか?」
「ここなんでこんなになっているのかな・・・」
「どれですか?あぁ、これね。ここはほんとうにややこしんですよね。ここも
こうなっているから気を付けてくださいね」

また、私は今まで「私がやらなきゃ」「わたしが」「わたしが」と思って、
あまり人に相談せずに仕事をしてきました。
しかし今回は積極的に周りにの人に相談するようにもしました。

「北岡さん、部長はA案を進めたいと言っているんですけど、私はB案の方が
良いと思うんですよね」
「それ、私もBの方が良いって思ってるんだよね。高塚さんからも言ってみて
くれない?いろんな人がいろんな言い方で言えば、部長も、あれそうなのかな?
って思うと思うから」

なんだ、北岡さんもそう思っていたんだ。一人で悩むより他の人の意見を聞い
た方が、より自信を持てるとその時感じました。

私の所属していたチームは5月で解散になりました。
「またこういう仕事があったら、また高塚さんと一緒にやりたい1」
と言ってもれえるようになりました。

こちらから情報を出すと、周りからの情報も集まってきて、チームとして動き
始めることを学びました。
これからも人と人とのコミュニケーションを大切にしていきます。