「本日はお忙しい中お越しいただき、どうもありがとうございます」
「いえいえ」
「それでは、本題に入らせていただきます」

これは、私が取引先と打ち合わせをする際の冒頭の会話です。
本来なら、雑談をして場が和んでから本題に入りますよね。

しかし、私にはできませんでした。
それは、雑談をすることに対して苦手意識があったからです。

飲み会での会話です。
「休みの日、何しているの?」
「家でテレビを見ています」
「なんの番組?」
「いろいろです」
これでは、話を続ける気がないと思われますよね。

もっと話を続ければいいのに、自分の会話力に自信がなくて、すぐに会話を終わらせようとします。
こんな風に、子供のころから人と話をすることから逃げてきました。
そんな自分が嫌いで、何としても直したいと思い、こちらの教室に入りました。

そして、3回目の講義で「話の材料の集め方」を学びました。
「話せない大きな原因は材料がないからだ」という話を聞き「そうだったのか!」と納得しました。

次の日から話の材料集めを始めました。
ある日、取引先との打ち合わせが終わり、エレベーターまでお見送りしました。
今まで、会話が続かず、エレベーターが閉まるまでは地獄の時間でした。
「早く閉まれ~!」と念じてました。
しかし、話の材料の集め方を学んだあとに、取引先のことが掲載された新聞記事を発見し、話題としてストックしていました。
「新聞で、アミューズメントパークに出店している御社のブースが子供たちに人気だという記事を読みました」
「そうなんですよ」
「ロボットのプログラミングができるなんて、私が子供時代には想像できなかったです」
会話が続きました。
もっと話していたい!
「エレベーターよ、閉まるな~」と思いました。

なんだか、取引先の方の笑顔もいつもより明るい感じがします。
ほんの少しの会話でしたが、相手との距離が縮まった気がしました。

この経験から、私は日ごろから話の材料を集めることの大切さを学びました。
これからも「材料を集めようとする意欲を持ち」どんどん自分の中の引き出しを一杯にしていきたいと思います。