職場で行った居酒屋でのことです。
「すみませ~ん」 (あれ、気づかないのかなぁ)
「すみませ~ん」 (聞こえないのかなあ)
幹事なのに、店員も呼べませんでした。

私は昔から「声が小さいよね。」とか
「え? 何? 聞こえない!」
とよく言われていました。

この教室でも
「佐藤さんは、声が小さいのかな。お腹から声を出すようにしましょう。」
と先生から言われました。
「やっぱり・・・私、大きな声出せないんだよなぁ。大きな声が出せる人はいいよなぁ。」
と、努力もせずに思っていました。

しかし、「スピーチは事前の準備で9割決まる。練習が大切だ」と学びました。
「お腹から声を出すってどういうことなんだろう? まずは教わった通り練習してみよう!」

口を大きく開けて、お腹に力を入れて声を出す練習をしました。
「あ~」(小さめで)
「あ~~」(中位で)
「あ~~~」(大きく)
「あれ? いつもと違う感じの声が出た気がする!」
毎日お風呂で練習しているうちに、だんだんコツがつかめてきました。

次の講義のスピーチの時、緊張で体が震え、心臓もバクバクです。
でも大きな声で話すことだけを意識しました。
「大きな声で挨拶をしよう、という話をします。」

「佐藤さん、よく準備されましたね。声も前回より出ていましたよ!」
と、先生から言ってもらえました。
「私もできるやればできるんだ!」 練習の成果を実感しました。

これまで私は、苦手なことに向き合わずに、逃げていたのだと思います。
しかし、「練習すれば苦手なことも何とかなるかもしれない!」と、前向きに思えるようになりました。
これからは、苦手なことにも向き合い、いろいろなことにチャレンジしていきたいと思います。