昨年の10月にあるイベントで大勢の前で話をする機会がありました。
その時の私は、

  • 原稿は準備していない
  • ぶっつけ本番

まぁ、なんとなくうまく話せるだろうと思っていました。

しかし、終了後の反省会で
「同じことを繰り返していて、伝わりづらいんだよね」
「何か思い出しながら、話してる感じがするよ」
と言われてしまいました。

これは改善しなければ、と思っていた時に、この話し方教室で「成功のサイクル」について学びました。
「これだ!」と思い、次の機会では

  •  原稿を準備する
  •  話したくなるまで練習する

この2つを意識して取り組みました。

さらに練習は、「抑揚」と「間」を意識しながら行いました。
例えば、「皆さんは、いかがでしょうか?」という問いかけを「(明るい高めの声で)皆さん、(間をあけて)いかがでしょうか?」と言うふうにしたり
「これ、凄くないですか?」と言うのも
「これ!、(間をあけて)(大きめの声で)凄くないですか!」と言うふうに変えてみました。

すると、そのイベント終了後、
「前回と全然違って、わかりやすい!」
「重要なところや言いたいことを伝えるのがうまくなった」
と言ってもらうことができました。

さらに、練習の様子を社長が見ていてくれたようで、
「練習、頑張ってるね。前回のイベントも良かったって聞いているよ。」
と言ってもらえました。

今までは、「なんとなく頭の中に予定も入っているし、流れに沿って話せば、まぁうまく話せるだろう」
と思っていましたが、
しっかりと準備をすることで、自信を持って臨むことができ、
さらに、本番がうまくいくことで、早く次のイベントで話したいと思っている自分がいました。
これからも、説明会や研修等人前で話す機会がたくさんあります。
その時も、しっかりと準備をして、話したくなるまで練習をして臨んで、成功のサイクルを回します。