「もう、お母さん疲れたわ。お父さん、ご飯食べてくれないし・・・」
「何言うてんねん! 何かいい方法があるはずやで!」

枯れ木のような母に、私はつい大声を出してしまいました。
クリスマスに帰省したときのことです。

父が病気になり、今は母が看病をしています。
最近の母はグチが多くなり、体調も悪くなってきました。

その時、私は話し方教室で学んだ「プラス積極思考」のことを思い出しました。

「お母さんみたいに、何でも悪い方に考えとったら病気になるよ。
でも、ええように考えとったら元気になるねんで。」
「あんたは、何もわかってない」
と、母は聞いてくれませんでした。

それから数日後の年末、暗い気持ちで再度、実家に帰りました。
「ただいま・・・」と玄関を開けたときのことです。
そこには「おかえり!」と迎えてくれる、ひまわりのような笑顔の母がいました。

「お母さん、手抜きで家事を作ることにしたんよ。」
「お父さんが、ご飯食べてくれるようになったんよ。」

うれしそうに話す母には、1週間前の暗い姿はありませんでした。
私は、母に話を聞いてもらえなかったと思っていたけど、ちゃんとプラス積極思考の話を受け止めてくれたんや、お父さんがご飯食べれるように、いろいろ考えたんやと、嬉しくなりました。

今まではグチを聞くことが1番良いことだと思っていました。でもそうではない!
相手の立場に立って、物事を考えるなら、必要な言葉があるのだと思いました。

おかげで母との親子関係が深まった感じがします。私も母に負けないように良い言葉を使い、良いものの考え方をします。
これからもプラス積極思考で行きます。