「なぁ、今の発表めっちゃ泣きそうな顔してたよ、緊張してんの?」
「そんなことないよっ!」
「なんでお前、人前で話す時いつも泣きそうな顔なの?」
悔しくて言い返せませんでした。

私は高校生の頃にデザイン系の学校に通っていました。

課題が沢山あり、そのたびにみんなの前で発表するのですが、失敗の連続でした。
自信がなくなる。あがってしまう。意欲をなくす。
まさに負のサイクルの真っ只中でした。

上がり症のせいで、私は今までの人生で二つの大きな後悔をしています。

一つは企業の面接が怖くて一社も受けられなかったこと。
もう一つは新婦のスピーチが嫌で結婚式を挙げなかったことです。

「あがり症が無ければ、人生もっと楽しいのに…。」と何度思ったことでしょう。

そこから特に人前で話す機会もなく、ぬくぬくと数年がたちました。

ところが子供が幼稚園に上がると、自己紹介をする場面があります。
ココで逃げたら大きな後悔がまた一つ増えてしまう!
そう思った私は、話し方センターへ通う決断をしました。

初めて成果を感じたのは、毎回の講義の後半に行うスピーチ実習でした。

いつもより念入りに準備をして、声に出して30~40回以上は繰り返し練習しました。
要点を簡潔に書いたメモで覚えるように切り替えたので、単語を忘れても変わりの単語が直ぐに思い浮かびます。
それは初めて人前で話すことが楽しい、話していて気持ちいい!と思えた瞬間でした。

十分な準備をしたことで、スピーチへの意欲が湧き、成功へつながり、自信が生まれる。
私の中でようやく成功のサイクルが回り出したのです!

この成功のサイクルを止めないようにして、あがり症のせいで後悔することがないように、これからの人生を楽しみたいと思います。