「それで、あなたは何を言いたいの?」
「えっと、えっと・・・ですから・・・」
お客様の質問にうまく答えられず、結局上司に代わって貰いました。

私は社労士事務所に勤めており、労務管理等をわかりやすく説明しなければならない立場です。
なので、伝わらない話をしているようではいけないと思い、この話し方センターに通うことを決めました。

教わった中で1番胸に突き刺さったのが「準備の大切さ」でした。
どんなプロも準備をしている、しっかり準備をすれば話す前に90%は成功している、と教わり、「それなら私もできるようになるかも!」と勇気がわきました。

またお客様に会う機会がありましたので、夫に
「今度労働法の説明をしに行くんだけど、練習の相手してくれない?」
「いいよ。じゃぁ、社員の解雇は試用期間中なら予告なくてもいいんじゃないですか?」
「いいえ。試用期間中でも、入社から14日以上過ぎてしまった場合、30日前に予告しなくてはならないんですよ」
など想定される質問などを、声に出して確認しながら練習しました。

本番では、練習したことで安心感が出て、お客様の反応を見ながら話すことができ、質問にも落ち着いて答えることができました。
お客様からは「よくわかりました。ありがとう。」
上司からも「今回はうまくいったね!」
と褒められました。

この教室のおかげです。本当に通ってよかったです。

声に出して練習したことで、本番に近い状況が生まれたことがよかったのだと思いました。
「継続は力なり」、この成功体験が続くよう忘れずに行動していきたいと思います。