「小原君、何を言っているのか分からないなぁ。」
「それで結論は何?」
「だからさぁ、もう少し整理して話してくれないと。」

私は上司に報告する時や会議で、よくこんなことを言われていました。
今思うと、私の報告は、
「岩本さんはこう言っていました。一方、坂井さんはこう言っていて、あっ、でも資料ではこう書かれています。」
と聞いたことや調べたことを並べただけでした。

「このままではいけない、とにかく話し方を変えないと仕事にならない」
と思い、わらをもつかむ思いでこの教室へ来ました。

そんな自分にとって、この教室で学んだ、主題-話題-主題の話し方は特効薬となりました。
毎週のスピーチを作る時、20文字以内で主題を言い切るのは大変でしたが、繰り返し考えることで主題を見つけるのがうまくなった気がします。

その結果、仕事でも変化がありました。
主題-話題-主題の話し方を心がけたことで、上司から「何を言っているのか分からないなぁ」と門前払いされることがなくなりました。
「そのアイデアいいね、それで進めていこう。」
「もっとこうした方がいいかな。」
とアドバイスをもらえる様になりました。

今後も仕事のことだけでなく、日常の出来事にも主題をつけて、人生を豊かにしていきたいと思います。