就職活動をしているときのことです。
「神崎さんは、当社にどんなイメージをお持ちですか?」
「え~、と。このですね、業界のリーダーですね、リーダー的な会社だと思ってます。」
「ふ~ん」
(自分なりには伝えたいことがあっても、相手はどうして理解してくれないのだろう、説明が足りてないのかな)
と反省する日々が続きました。

これでは社会人になったら苦労すると思い、この講座に通いました。

目的は、もちろん、自分の主張をわかりやすく伝えることです。
2回目の講座で、自己紹介をしている自分の姿をビデオで見たとき、衝撃が走りました。
「神崎太郎です。趣味は・・・え~と」
これでは第一印象はおろか、言ってることがわからない。
「これは内容以前の問題だな」と実感しました。

その次から、
話すときは聞き手を見る、反応を見て話を展開していく。
できて当たり前だと思っていた、話すときの姿勢にも気をつけるようにしました。

数ヶ月後、後輩たちの前で就職活動について報告する機会がありました。
「神崎太郎です。今日は就職活動について3つのアドバイスをします。
1つは自己分析を深めること。2つ目は業界理解を深めること。3つ目は社会人のアドバイスを真摯に受け止めること」
終わってみると、皆、私のほうに注目し、もっと聞きたいと言わんばかりに、質問が多く寄せられました。

相手のことを考えながら話すと、聞き手もついてきてくれるんだと嬉しくなりました。

私は、4月から社会人になります。
社会人は、今以上にコミュニケーション能力が求められるでしょう。
話し方教室で学んだことを活かし、相手に自分の考えを伝えられる社会人になれるよう、これからも練習していきたいと思います。