私は人前で話すことが苦手です。
ミーティングや研修の後に一言コメントを言う機会があるのですが、上手に話す人を見て、やっぱりセンスが違うのかなぁ、といつも悔しい思いをしていました。

そんな自分を変えたいと思い、話し方教室に通うことを決めました。

この教室で学んだことで、最も印象に残り、効果を得ることができたことがあります。
それは、スピーチの本番までに30回以上、声に出して、時間を計って練習する、ということです。

通い始めた当初は、30回も練習するなんて、そんなにいるのかな?と思っていました。
しかし、必要だったのです。

会社で論文の発表をしたときのことです。この論文発表は2年目の社員が自由テーマで話をする、何十年も続く会社の伝統行事です。
ネタ集めを含め、準備期間は2ヶ月ほどありました。

私は話し方教室で学んだ30回以上、声に出して時間を計って練習することを実践しました。
そして何度も原稿を読み込んだ甲斐があり、本番ではびっくりするほど緊張しませんでした。

終わった後、周りから
「トップバッターだったのに堂々としていてよかったよ」とか
「原稿読み込んできたのがすごくわかったよ」
と言われて、小さな自信になりました。

この経験は、話し方教室で学んだ「スピーチの成功は準備で決まる」と言うことを身をもって実感するものになりました。
これからもスピーチをする機会がある際は、万全の準備で臨んでいきます。