「次の朝礼で、業務発表してみませんか?」
「え~、無理です」
「自分をアピールするいい機会だから、やったほうがいいよ」
「そうですけど、やめておきます」

せっかく上司が声をかけてくれたのに、あがり症の私は、目立つことを避けてきました。
気にかけてくれる上司に申し訳なくて、どうにかしたい一心でこの教室に参加しました。

教室では先生から「声が小さくて、活舌がよくないですね。口を縦に開けて、2メートル先にいる人に話すようにしたらいいですよ」とアドバイスを頂きました。

さっそく実践したところ、普段なら話しをしているうちに早口になってしまうのに、口を開けることを意識するとゆっくりとした話し方になります。
聞き手もあいづちをうちながら、理解したようにうなずいて話を聞いていました。
それに私自身が大きな声が出て気持ちがいいのです。

声の出し方を変えたら、伝えたいことが伝わるのがうれしくて、今までしなかった提案もしてみようという気持ちになりました。

「4月からはじまる働き方改革について、従業員に説明しておきませんか」
「そうだね、いいね、やってみる?」
「はい!やってみます」

提案した企画が上手くいくように、そして期待してくれる上司に喜んでもらえるように、いましっかりと練習して取り組んでいます。

今では、声を出すことが楽しくて、スピーチできる場を積極的に探しています。