私はあがり症でした。これまでずっと人前で話すことを避けてきました。
ですが一年前に飲み会でスピーチをするときがあり、
「あー、あのー、ありがとうございました(小声)」
とても恥ずかしかったのです。
このままではいけない、仕事に支障が出ると思い、この教室に参加しました。

教室では、あがりは本能、誰でもあがるという事を教わりました。
そして、事前に十分な準備をすれば、そのスピーチは90%成功するという事も教わりました。

それからはスピーチの練習を、最低30回、夜な夜な車の中で練習しました。
滑舌をよくする口の体操は、毎日、風呂場で実行しました。

教室が始まってからというもの、毎週木曜日は本っっっっっっ当に嫌でした。
自分のスピーチを待っている時間は吐きそうなくらい緊張していました。
もうやめちゃおうかな、と考えたときもありました。

ですが、先生がおっしゃった「とにかく休むな」「比較するのは過去の自分」
という言葉に強く心を打たれました。
その言葉があったからこそ、今の自分がいると思います。

最近、50人くらいの前で、スピーチする機会がありました。
いつもだったら何にも話せないのですが、
「この箇所、要注意ですよ!」
「急に問題が発生したとき、どうしよう、と立ち止まってしまいますよね」
なんと話せるではないですか!
嬉しくて、心の中でいえーい!、過去の自分といえーい!!
ハイタッチしました。

今では緊張するもののあがらずに話せています。
3か月前の自分越えはできているのかな、と感じています。
これからはこの教室で学んだことを武器に、日々実践していきます。