私は、人前に立つと、すごくあがってしまいます。
また、無意識に「えー」「あのー」と言ってしまいます。

これではいけない! と感じ、話し方教室に入門しました。

話し方教室で、まず、ありがたい、と思ったのが、スピーチ練習の「場」を用意いてもらえることでした。
授業中の実習もありますが、先生が「授業の前でもアドバイスしますよ」とおっしゃいました。
お言葉に甘えて、ほぼ毎回、授業の前にスピーチ練習をして、アドバイスをいただきました。

おかげさまで、人の前に立つことに少し慣れてきました。
しかし、スピーチをしていつも思うことが、練習不足。
声に出し、時間をはかり、30回以上かぁ~
時間と場所がないなぁ、といつもサボっていたため、実習は毎回2分間の制限時間をオーバーしていました。

8回目の講義の時に、先生から「森さん、練習しないままこの教室が終わってもいいのですか?」と言われてどきっとしました。
翌週、私は30回以上練習しました。練習をやってみると1週間の間で1時間ちょっと。
あまり負担に感じませんでした。
そして、次の教室でのスピーチは、これまで以上にうまくいきました。
練習の成果を実感しました。

人前に立つこと、練習時間を取ること、実はやってみるとそれほど難しくありませんでした。
難しいのは続けていくことだと思います。
私はこれからも、たくさんのスピーチの「場」を作り、十分な練習をして臨む、という挑戦をしていきます!